就職面接の種類と対策

a0002_002272

 

面接は、就職活動では必須というべき存在ですが、いつも同じではありません。書類審査や筆記試験ではわからない部分を知るためのプロセスが面接です。主に会話によって、コミュニケーション力や人物像をはかります。基本的に、二つある面接のうちのどちらかになります。まとまった人数を一度に面接するものをグループ面接といい、面接官の指示に基づいて発言をするという形を取ります。

 

第一次面接に多く、2次面接以降に進む人の絞り込みのために行われるようです。個人面接ではないので比較されることもあり、他の人の発言もしっかりと聞きながら答えがだぶらないようにすることがポイントです。限られた時間の中、他の人も発言するという状況で、いかに自分を面接官に印象づけるかが重要になります。そのグループの中での一番になれるように気を配ることが大事です。ファーストインプレッションが、グループ面接では重要です。面接会場に入った瞬間から面接官は見ているつもりで行動に気をつけましょう。

 

最後の最後まできちんとやることが重要です。個人面接では、自分1人で面接官とやり取りをするというタイプの面接です。こちらが1人、面接官が1人から複数というスタイルの場合、会話のキャッチボールが成り立つということが個人面接で心がけるべき点といえます。企業が求める力のレベルと、熱意、仕事への価値観が見られます。過去の行動を聞くことで企業は就職した後の行動を予測しています。就職の面接に臨む前には企業研究をしっかりと行い企業が求める力を示す過去のエピソードを整理しておきましょう。