就職の内定を辞退する場合

内定をもらったけれど辞退を考えているケースはさほど珍しい話ではないのが、就職活動というものです。内定を獲得するよりも、内定を辞退することは、ある意味で難しいと感じることではないでしょうか。当然のことながら1度は得た内定を手放すのですから、考えてしまうでしょう。

完全に自分の希望に沿った会社はほとんどないといってもいいでしょう。何が魅力的な点であり、何が就職したくない理由となっているか、はっきり考えて、内定を出した会社に完璧を求めないようにしたほうが良いでしょう。優先順位を両者につけます。決めるべきなのは、何を重視したいかで、何を求めるかということです。

無意味に連絡を引き延ばさないことが、もしも就職の内定を辞退するなら大事なことです。なるべく連絡が早いほうが小さく済むのが、相手にかける迷惑です。基本的には電話が早く連絡できるでしょう。スッキリと就職活動を終了させるためにも、辞退をするなら速やかに行動したほうが、内定辞退の連絡は勇気がいることかもしれませんが自分のためになるでしょう。

内定辞退の意向は担当者に直接伝えることです。言いづらいかもしれませんが、伝言では確実性が落ちます。担当者の在席を、内定をもらっていることを伝えながら、フルネームと大学名を名乗り、確認するようにしましょう。電話の時間はあまり営業時間ぎりぎりにならないように配慮することも、就職の内定を辞退するときのポイントです。